THIS WEBSITE IS HOSTED BY DR. AKIRA INOUE, (PH. D., ATTORNEY & COUNSELLOR AT LAW, ADMITTED IN JAPAN & NEW YORK STATE, UNITED STATES OF AMERICA)


独占禁止法の法律相談.com
このサイトは、Dr. Inoue(井上朗(法学博士・弁護士(日本国・米国ニューヨーク州)))により運営されています。
Home
Who is Dr. Inoue 独禁法論文・講義録 独禁法書籍 免責事項


カテゴリー一覧
ライセンス契約に関わる問題
下請取引に関わる問題
代理店取引に関わる問題
ジョイントベンチャー取引に関わる問題
入札談合に関わる問題
課徴金減免申請に関わる問題
企業結合に関わる問題
金融取引に関わる問題
流通取引に関わる問題
景品及び表示に関わる問題

サイト情報
免責事項
お問合せ

井上朗博士の執務室
当サイトを運営するDr. Inoue(井上朗(法学博士・弁護士))の執務方針、経歴の詳細、ヴァージニア大学における研究記録などを紹介するサイトです。
国際カルテル 「リニエンシーの実務」
Dr. Inoueの米国での研究結果の一部である「リニエンシーの実務(競争法の荒波から企業を守れ)」が発売されております。
ご注文はこちらから。
「B2B取引コンプライアンスバイブル」
Dr. Inoueの研究成果の一環であり、博士論文執筆による分析成果でもある「B2B取引コンプライアンスバイブル(競争法的コンプライアンスの理論と実践)」が発売されました。
ご注文はこちらから。
国際カルテル 「Japanese Antitrust Law Manual, Law, Cases and Interpretation of the Japanese Antimonopoly Act」
Dr. Inoueが執筆した英文による独占禁止法の解説書がKluwer Law International社から出版されました。日本でも購入が可能です。
ご注文はこちらから。
HOME独禁法論文・講義録

独占禁止法に関わる法律問題について、Dr. Inoueが解決策を示します。

  反トラスト法・競争法は何の為に、なぜ存在するのか、何を目的として執行され、それによって何を実現しようとしているのか、この分野を考察するときには、常に頭の片隅にある問いです。このような基本的な問いを念頭に置きながら、一つ一つの具体的な問題が包含する『なぜ』という問いに対する回答を発見していくのが、反トラスト法・競争法の分析の興味深いところです。また、このような思考の過程で気が付いたことがあり、これを何らかの形で社会に還元できないかという視点で、いくつかの論文を書かせていただいています。

下記では、私の分析過程を纏めた論文の一部を公開しています。 
独禁法論文
Antitrust Analysis of B2B Transaction (2005) (Master's Thesis, University of Virginia School of Law) (on file with the University of Virginia School of Law Library) (Cornell Law School. Cornell Law School LL.M. Papers Series. Paper 7. http://lsr.nellco.org/cornell/lps/clacp/7)
The Recent Development of the Potential Competition Doctrine in the United States (Inter-Pacific Bar Association Journal No.40, December 2005) (PDF file)
The Recent Amendment of the Japanese Antimonopoly Law (Japan Business Law Review Vol. 1, No.1 April 2006, ILS Publishing, Inc.) (PDF file)
The Great Step Forward: The Reform to the Japanese Antimonopoly Act (Law Gazette (An Official Publication of the Law Society of Singapore), August 2006)  (PDF file)
Arbitrating International arntitrust-related dispute in Japan (Competition Law International (Journal of the Antitrust Committee of the International Bar Association), Vol. 3 No.2, October 2007) (PDF file)
公正取引委員会の審査手続に対する実務的対応(「Lexis 企業法務」2007年 No.6(第2巻第6号) (PDF file)
反トラスト法における調査手続対応の実務(「Lexis 企業法務」2007年 No.9(第2巻第9号) (PDF file)
欧州委員会による制裁金実務の最近の傾向(ビジネス法務2008年4月号)(PDF file)
Global Leniency Manual (Japan Capter) (Baker & McKenzie, 2008)(PDF file)
カルテル危険度テスト(Nikkei Business 2008年1月14日号)(PDF file)
How the 2007 Amendments to the M&A Guideline Has Changed Merger Control Policy in Japan (Global Competition Policy May 2008 (2)) (PDF file)
EU競争法に克つ カギを握る欧州委員会における「口頭審理」(ビジネス法務2008年10月号)(PDF file)
独禁法講義録
『競争法的リスクからの企業防衛(反トラスト法講義)』講義録(2006年7月14日実施:グアム大学日本事務局) (PDF file)
『流通取引におけるリスクマネジメント(独占禁止法・下請法を中心として)』講義録(2006年10月6日) (PDF file)
『独占禁止法下における不公正な取引方法について』講義録(2006年12月18日実施:アンダーソン・毛利・友常法律事務所) (PDF file)
国際的なカルテルリスク・リスクの特定と対処法(2015年2月5日)(ベーカー&マッケンジー法律事務所及びPaRR主催)
 リーガルテクノロジーを使った国際カルテル事案への対応策(2015年10月5日)(第3回リーガルテック展2015)
クロスボーダー・アンチトラスト業務におけるArtificial Intelligence活用の可能性(第4回 Japan Legal Technology Conference) 
 新聞記事等
ビジネスQ&A 摘発急増 国際人脈背景に カルテル規制当局 連携強める(日経産業新聞 (20 November, 2014)) 
日本ガイシ カルテルで摘発 米の視線厳しさ増す(日経産業新聞 (7 September, 2015)) 
個人収監 抑止効果狙う米 カルテル摘発 日本企業への目厳しく(日経産業新聞 (30 September, 2015))  
国際カルテルが会社を滅ぼし、経営者を米国・加州の矯正施設に送り込む
国際カルテルが会社を滅ぼす−日本企業の経営者はいま何をすべきか(法と経済のジャーナル・Asahi Judiciary)
世界的に同時展開する反トラスト調査への対応(Business Law Journal 2016年11月号)  
 
お問い合わせ  (C) AKIRA INOUE ALL REIGHT RESERVED.