THIS WEBSITE IS HOSTED BY DR. AKIRA INOUE, (PH. D., ATTORNEY & COUNSELLOR AT LAW, ADMITTED IN JAPAN & NEW YORK STATE, UNITED STATES OF AMERICA)


独占禁止法の法律相談.com
このサイトは、Dr. Inoue(井上朗(法学博士・弁護士(日本国・米国ニューヨーク州)))により運営されています。
Home
Who is Dr. Inoue 独禁法論文・講義録 独禁法書籍 免責事項


カテゴリー一覧
ライセンス契約に関わる問題
下請取引に関わる問題
代理店取引に関わる問題
ジョイントベンチャー取引に関わる問題
入札談合に関わる問題
課徴金減免申請に関わる問題
企業結合に関わる問題
金融取引に関わる問題
流通取引に関わる問題
景品及び表示に関わる問題

サイト情報
免責事項
お問合せ

井上朗博士の執務室
当サイトを運営するDr. Inoue(井上朗(法学博士・弁護士))の執務方針、経歴の詳細、ヴァージニア大学における研究記録などを紹介するサイトです。
「リニエンシーの実務」
Dr. Inoueの米国での研究結果の一部である「リニエンシーの実務(競争法の荒波から企業を守れ)」が発売されております。
ご注文はこちらから。
「B2B取引コンプライアンスバイブル」
Dr. Inoueの研究成果の一環であり、博士論文執筆による分析成果でもある「B2B取引コンプライアンスバイブル(競争法的コンプライアンスの理論と実践)」が発売されました。
ご注文はこちらから。
「Japanese Antitrust Law Manual, Law, Cases and Interpretation of the Japanese Antimonopoly Act」
Dr. Inoueが執筆した英文による独占禁止法の解説書がKluwer Law International社から出版されました。日本でも購入が可能です。
ご注文はこちらから。
HOME代理店取引に関わる問題

独占禁止法に関わる法律問題について、Dr. Inoueが解決策を示します。

代理店取引に関わる問題
並行輸入品が増加することにより、国内市場に値崩れが発生することを防ぐ目的で、製品の輸出元に対して、並行輸入業者に製品を販売しないよう依頼することは、独占禁止法上、問題ですか?

真正商品でなく偽物が並行輸入品と称して輸入及び販売されている場合において、自社が販売する真正商品の商標権を保全することを目的として、商標の使用を差し止めることは、独占禁止法上問題ですか?

並行輸入品を購入した消費者が、並行輸入品が壊れてしまったので修理して欲しいとコンタクトをしてきました。当該製品は、輸入総代理店である自社が販売した製品ではなく、あくまで並行輸入業者から購入したものである場合に、修理を拒否することは、独占禁止法上、問題ありませんか?

並行輸入品を購入した消費者が、並行輸入品について修理が必要か診断をして欲しいと輸入総代理店である自社に依頼をしてきた。このような依頼を断ることは独占禁止法上、問題ありませんか?

並行輸入品を取り扱わないことを条件に輸入総代理店として自社が輸入している製品を販売することは、独占禁止法上、問題でしょうか?

代理店に対して、小売希望価格を示し、当該価格で販売しない場合には、商品の供給を打ち切ると通知することは、独占禁止法上、何か問題ですか?

並行輸入品の宣伝を止めるように並行輸入品の輸入業者に対して要請することは、独占禁止法上、何か問題ですか?

自社が販売する製品と同種の製品の輸入総代理店になることは、独占禁止法上、問題ありませんか?

輸入製品を国内で販売するにあたり、国内の販売業者に対して、販売地域を割り当て、割り当てられた地域以外の顧客には、製品を販売してはならないとすることは、独占禁止法上、問題ありませんか?

ある輸入製品を総代理店として国内で販売するにあたり、輸入製品の競合品を取り扱わないことを内容とする総代理店契約の締結を要請されましたが、このような内容の契約は、独占禁止法上、問題ありませんか?

 
お問い合わせ  (C) AKIRA INOUE ALL REIGHT RESERVED.